ハーマンミラー+目黒区美術館 Design Camp デザインキャンプ #3 2013.10.13(Sun.) & 26(Sat.) 視ることの再発見、ネルソンの『How to See』に学んでつくるビジュアルブック

デザインの本質を唱えた建築家、デザイナー、そしてライターのジョージ・ネルソン(1908~1986)。ネルソンは、イームズ夫妻やアレキサンダー・ジラードの才能を見出した、ハーマンミラーのデザインディレクターでもありました。
ネルソンの、人間が創った世界の見方を指南した『How to See』(1977刊)は、知る人ぞ知る「ビジュアルコミュニケーション」の名著です。今、改めてその扉を開くと新鮮な「視覚情報」が目に飛び込んできます。デザインジャーナリストの藤崎圭一郎さんと、現在活躍中のアートディレクターの色部義昭さんをお招きし、この『How to See』を参考にして各自テーマを決めて、自分が見つけたさまざまなイメージを編集します。「視ること」による編集の楽しさを共有し、ビジュアルブックを創ります。

*2日目には、1日目のテーマにより、ご自分で撮影した複数のイメージによるプリントアウトを持ち寄っていただきます。


日 程: 2013年10月13日(日)・26日(土)[全2日間]
時 間: 午後1:00~午後5:00(予定) 2日目の時間は、多少前後します。
講 師:  藤崎圭一郎(東京藝術大学准教授、デザインジャーナリスト)
色部義昭(グラフィックデザイナー、アートディレクター)
場 所:  10月13日(日)
 ハーマンミラーストア&ショールーム(東京都千代田区丸の内2-1-1)
10月26日(土)
 目黒区美術館 ワークショップ室(東京都目黒区目黒2-4-36)
対象・定員: 高校生以上 20名(両日とも参加できる方)
(募集制 / 応募者多数の場合は抽選)
参加費: 4,000円(材料費・保険料込み)(予定)
申込締切: 9月30日(月)必着
主 催: 公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 目黒区美術館
ハーマンミラージャパン株式会社

デザインキャンプについて

「デザインキャンプ」は、2012年の夏にハーマンミラージャパン株式会社と目黒区美術館が共同で立ち上げたワークショップです。
「デザインとは問題を解決するためにある」という信念のもと、機能と美しさ、そしていつまでも変わらぬ高いデザインを作り続けているハーマンミラー。そして、1987年に開館して以来、企画展のみならず、ワークショップ活動も精力的に行ない、美術館の可能性を広げてきた目黒区美術館。この二者が、デザインというものがいかに人間の生活を豊かにしてくれるかを、体験を通して共有でき、さらによりよい生活へつなげられるような活動をともにしたいと考え、その手段としてワークショップを選択しました。


講座内容

第1日目    10月13日(日)ジョージ・ネルソンの名著『How to See』について

ジョージ・ネルソンのこと、「視ること」「集めること」「編集すること」について講師にお話いただき、ビジュアルブックの編集会議を行います。テーマを決めて次回までに各自のイメージを探して撮影します。

第2日目    10月26日(土)「ビジュアルブック」の編集と作成

テーマごとに持ち寄ったプリントアウトを使って編集作業を行い、グループごとに共有し、完成させていきます。一人A3用紙二ツ折り16ページを予定しています。


募集について

<< 申込方法 >>

メール、FAX、またはハガキに、講座名、お名前(ふりがな)、年齢、ご住所、電話番号(昼間に繋がる連絡先)、お持ちであればFAX番号・メールアドレスを明記の上、右記の申込先までお申し込みください。

申込締切は 9月30日(月) 必着

※メールでのお申し込みの場合は、件名に「デザインキャンプ」とご記載ください。
※お一人様1応募でお願いします。
※締切日必着となります。
※応募者多数の場合は、抽選となります。
※締切日終了後、応募者全員へ結果(受講の可否)を目黒区美術館よりご連絡いたします。

<< 問合せ・申込先 >>

目黒区美術館「デザインキャンプ」係
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-4-36
TEL: 03-3711-9558(直通)
03-3714-1201(代表)
FAX: 03-3715-9328
mmatoffice@mmat.jp

 


講師について

藤崎圭一郎 Keiichiro Fujisaki

1963年生まれ。デザインジャーナリスト。エディター。1990〜92年『デザインの現場』編集長を務め、1993年より独立。現代のデザイン、建築、アートシーンにおいて、雑誌や新聞などさまざまなメディアに執筆し活躍中。現在、東京藝術大学美術学部デザイン科准教授。著書:広告デザイン会社DRAFTの活動をまとめた『デザインするな』(DNPアートコミュニケーションズ)、共著に『建築と植物』(INAX出版)、『グラフィックデザイナーの仕事』(平凡社)など。

色部義昭 Yoshiaki Irobe

1974年生まれ。グラフィックデザイナー、アートディレクター。2003年、東京藝術大学デザイン科修士課程修了後、日本デザインセンター入社。2011年より同社内に色部デザイン研究室を開設し活動中。主な仕事に「川村記念美術館」や「市原湖畔美術館」のVI計画とサイン計画、「6sense」や「リキテックス アートプライズ」のグラフィック、TAKEO PAPER SHOW 2011 「本」のアートディレクションなどがある。JAGDA, ADC, D&AD, ONE SHOWなどで数々の賞を受賞。

ハーマンミラー社について


JR東京駅 丸の内南口 徒歩5分
JR有楽町駅国際フォーラム口 徒歩5分
地下鉄千代田線二重橋前駅 3番出口直結

ハーマンミラーは、「デザインとは問題を解決するためにある。」という考えのもと、デザイナーとのコラボレーションによって生まれた優れたデザインで、オフィスやホームを最良の空間にすることを使命としています。人間を中心に考えた問題解決のデザインは、革新的で常に時代のスタンダードとなっています。また、環境を守る大切さを社員一人一人が理解している企業文化を持ち、米国ミシガン州の田園地帯にある本社は、自然環境と共生したコミュニティになっています。

ハーマンミラージャパン株式会社
www.hermanmiller.co.jp
東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL.03-3201-1830(代)
03-3201-1840
(10月13日(日)当日連絡先)

目黒区美術館について

JR山手線・東急目黒線
東京メトロ南北線・都営三田線
目黒駅下車徒歩10分
東急バス
権之助坂(目黒通り)下車徒歩5分、
田道小学校入口(山手通り)下車徒歩3分
目黒区民センター敷地内

1987年の開館以来、多様化する美術を独自の切り口と斬新な視点でとらえた、新しい発見のある展覧会やワークショップを積極的に開催しています。特に近年は、シャルロット・ペリアンと日本展(2012年)、DOMA秋岡芳夫展(2011年)、包む―日本の伝統パッケージ(2011年)、チャールズ&レイ・イームズ 創造の遺産(2005年)など、デザインと生活に焦点をあてた企画展も多く、高い評価を得ています。また、幅広い年齢層を対象にし、コミュニケーションを重視したワークショップ活動も大きな特色となっています。

目黒区美術館
www.mmat.jp
東京都目黒区目黒2-4-36
TEL.03-3714-1201(代)
FAX.03-3715-9328
mail: mmatoffice@mmat.jp


本ページのPDFはコチラよりダウンロードいただけます